痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

リンパ節生検について

  • HOME »
  • リンパ節生検について
リンパ節生検はリンパ腫の診断確定に必要な検査になります。

■リンパ節生検について

リンパ節生検はリンパ腫の診断確定に必要な検査です。
悪性のリンパ腫の危険性がある場合は必須な検査です。
リンパ腫の検査では、腫れているリンパ節を切り取って行います。
リンパ節生検の部位は最も大きな腫れで、取りやすい部位を選びます。
リンパ節生検では頸部と鎖骨の上や脇の下が望ましいとされています。
足の付け根は感染の繰り返しや外傷により診断が困難なことが多いのであまり望ましくない部位になります。

■リンパ節生検の検査方法

リンパ節生検では大豆大以上のリンパ節を摘出し、数個に分けられます。
中央の大きな部分が病理標本となります。
細胞浮遊液の一部は、細胞表面マーカー検査や染色体検査に用いられ、また一部は冷凍保存されます。
残りの部分は捺印標本が作られたり、遺伝子検査にまわされたりします。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.