痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

血液検査について

  • HOME »
  • 血液検査について
病気を診断するのにまず最初に行うのが血液検査です。

■血液検査について

病気を診断するのにまず最初に行うのが血液検査になります。
基本的な血液検査で調べることは、赤血球数、網状赤血球数、白血球数、血小板数、白血球の割合などになります。
血液検査は検査技師が自動血球分析装置を使って行います。
赤血球や白血球の形態の見極めは、検査技師や医師の目視によって行われます。

■血液化学検査

どのような病気が考えられるか判断するために血液化学検査も行います。

●血液化学検査の項目
血清総タンパク質、タンパク分画、トランスアミナーゼ、乳酸脱水素酵素、間接ビリルビン、尿酸、尿素窒素、クレアチニン、C反応性タンパク、血清鉄、総鉄結合能、フェリチン、ビタミンB12、葉酸、可能性インターロイキン2受容体、β2ミクログロブリン、などがあります。
これらの結果と血液検査の結果を合わせてみることによって重要な病気の診断をします。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.