痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

止血のメカニズム!一次止血、二次止血、線溶

  • HOME »
  • 止血のメカニズム!一次止血、二次止血、線溶
血液には、血管損傷の際に血液の血管外流出を防ぐ止血という生体防衛反応のメカニズムがあります。




■止血のメカニズム

血液には、血管が損傷した際に血液が血管外に流れ出るのを防ぐ止血という生体防衛反応があります。
血液の中には止血の働きをしてくれる凝固因子が含まれています。
血液がなめらかに流れていると凝固因子は活性化せず、血液は固まりません。
何らかの原因で血管が損傷し出血が起こると、血液は血栓を作り止血してくれます。
血液中には凝固したものを溶かす働きをする成分も含まれていて、出血すると短時間のうちに反応してこの機能も働きます。
血管壁、血小板、凝固因子に異常がなければ出血は自然に止まります。
止血の行程には、一次止血、二次止血、線溶(せんよう)の3つの過程があります。

■一次止血

一次止血は血小板の粘着と凝集になります。
一次止血は応急的な止血作用で、不安定なために簡単に血管壁から剥がれてしまいます。
血管が損傷すると、血管外の組織中にあるコラーゲンなどに血小板が粘着し、血小板同士も凝集して傷口を塞いでくれます。

■二次止血

二次止血はフィブリン形成による凝集になります。
血液凝固因子は10種類以上あります。
血液中の凝固因子が連鎖的に反応すると、トロンビンという酵素がフィブリノーゲンをフィブリンという繊維素に転換します。
フィブリン繊維素による網のようなもので、一次止血で出来た血栓を取り巻いて補強してくれます。
これにより止血が完了し、この状態が二次止血になります。

■線溶(せんよう)

線溶はフィブリンの溶解になります。
二次止血により止血が完了した血栓は、この段階では血管の障害を受けた部分にだけ制限された状態です。
しかし血栓により血管が狭くなっていると血液の流れが妨げられてしまうため、この血栓を溶かす必要があります。
この血栓を溶かすのが線溶(せんよう)のメカニズムになります。
凝固の際に生じたフィブリンを、線溶系の酵素プラスミンで溶解してくれます。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.