痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

播種性血管内凝固症候群について、DIC、治療法

  • HOME »
  • 播種性血管内凝固症候群について、DIC、治療法
播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)・DICは、凝固系の活性化が起こり、全身の細い血管内に多くの小さな血栓が出来てしまう病気。




■播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)(DIC)

播種性(はしゅせい)とは身体の広範囲に広がることをいいます。

播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)(DIC)とは、何らかの原因により凝固系の活性化が起こり、全身の細い血管内に多くの小さな血栓が出来てしまう病気です。

血小板や凝固因子が大量に消費され減少してしまうため、全身に強度の出血症状があらわれてしまいます。

また細い血管に数多くの血栓が詰まり、内蔵の血流が停滞してしまうために臓器障害を引き起こしてしまいます。

■播種性血管内凝固症候群(DIC)を誘発する基礎疾患

・産科的疾患
・重症感染症
・造血器腫瘍
・ガンの転移
・外傷
・手術

■播種性血管内凝固症候群(DIC)の診断

基礎疾患があって、急激な出血症状や臓器障害があると、播種性血管内凝固症候群(DIC)の検査を行います。

血小板の減少、フィブリノゲンの減少、フィブリノゲンの分解産物の増加、プロトロンビン時間の延長などから播種性血管内凝固症候群(DIC)の診断をします。

■播種性血管内凝固症候群(DIC)の治療法

播種性血管内凝固症候群(DIC)の原因となった疾患の治療をまず行い、ヘパリン等による抗凝固療法も行います。

血小板と凝固因子の補充のため、血小板輸血や新鮮凍結血漿の輸注が行われます。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.