痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

出血性素因(しゅっけつせいそいん)・出血傾向

  • HOME »
  • 出血性素因(しゅっけつせいそいん)・出血傾向
出血性素因(しゅっけつせいそいん)・出血傾向とは、いきなり自然に出血し、血が止まりにくい異常出血をいいます。




■出血性素因(しゅっけつせいそいん)・出血傾向

出血性素因・出血傾向とは、いきなり自然に出血してしまったり、ささいな刺激で出血してしまったり、あざが出来たりし、
出血しても止血が出来ず、血が止まりにくい状態をいいます。
出血性素因・出血傾向の原因としては、血管壁の異常、血小板の異常、凝固因子の異常、綿溶系(せんようけい)の異常の4つの原因があります。

■血管壁の異常による出血

何らかの原因により血管壁に傷がつくと、傷がついた部分の血管の内皮細胞が密着して血管全体が収縮した状態になります。
このような異常により血管壁がもろくなると出血性素因・出血傾向になります。

■血小板異常による出血

血小板に減少や異常が起こると出血性素因・出血傾向になってしまいます。
血小板異常の症状としては皮下出血、鼻血、歯茎からの出血、粘膜出血、消化管からの出血、月経過多などが起こります。
血小板異常による病気には、血小板数が減って起こるものと、血小板の機能異常により起こるものがります。
さらに血小板数が減って起こる病には、血小板だけが減って起こる病と、病気の症状として血小板が減るものがあります。
血小板だけが減って起こる病には突発性血小板減少性紫斑病があります。
病気の症状として血小板が減る病には白血病や再生不良性貧血などがあります。

■凝固因子の異常による出血

私達の血液中には凝固因子が非活性状態で含まれています。
出血するとまず血小板が傷口をふさぎ(一次止血)、
次に凝固因子が活性化してフィブリンが血小板をおおいます(二次止血)。
フィブリンによる線維素の網により止血が終わると、次に綿溶(せんよう)と呼ばれる血栓を除去する働きが起こります。
綿溶(せんよう)ではプラスミンが血栓を除去する働きを行います。
プラスミンによりフィブリンが分解され、血栓が消えて血液凝固が終わります。
凝固因子がないと出血しても血が止まらなくなり出血を繰り返してしまいます。
この出血を止める止血の働きと、血栓を除去する綿溶(せんよう)の働きはどの因子がかけてもうまくいかないような精密なメカニズムで成り立っています。

■綿溶系の異常による出血

綿溶系(せんようけい)とは過剰な血の塊を除去する働きをいいます。
出血により血小板血栓が出来ると、フィブリンという繊維素(せんいそ)により凝固した血栓ができ血が止まります。
血が固まる働きが過剰になり、血栓の害を防いでくれるのが綿溶系因子ですが、綿溶系が過剰に働いてしまうと出血をしてしまいます。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.