痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

慢性リンパ性白血病(まんせいリンパせいはっけつびょう)治療法

  • HOME »
  • 慢性リンパ性白血病(まんせいリンパせいはっけつびょう)治療法
慢性リンパ性白血病(まんせいリンパせいはっけつびょう)は成熟したリンパ球が無制限に増殖した状態で、貧血や血小板の減少があらわれます。




■慢性白血病について

慢性白血病は未熟な細胞だけでなく、成熟した白血球も増えます。
そのため赤血球の減少による貧血、血小板の減少による出血もなく自覚症状もほとんどありません。
慢性白血病は白血球が多いことで精密検査を受けることになり白血病と分かることが多々あります。
慢性白血病は病気の進行が緩やかなため外来での治療になることが多いです。
症状としては身体のだるさ、脾臓の腫れ、肝臓の腫れ等があります。
症状が出ない人もいますが、慢性リンパ性白血病は頸、脇の下、足の付け根等のリンパ節の腫れなどの症状があらわれます。

■慢性リンパ性白血病(まんせいリンパせいはっけつびょう)について

慢性リンパ性白血病は高齢者に多く、欧米での白血病の3割ほどを占めています。
慢性リンパ性白血病は成熟したリンパ球が無制限に増殖した状態です。
リンパ球の種類によりB細胞性とT細胞性に分かれます。

■慢性リンパ性白血病(まんせいリンパせいはっけつびょう)の診断

血液検査でリンパ球増加などがみられ、細胞表面メーカー検査などで診断します。
進行すると貧血や血小板の減少があらわれます。

■慢性リンパ性白血病(まんせいリンパせいはっけつびょう)の症状

慢性リンパ性白血病も初期段階では自覚症状がほとんどありませんが、全身の倦怠感、疲労感の自覚症状があることもあります。
健康診断の血液検査等でリンパ球が多いことで見つかることが多いです。
リンパ節腫大や脾腫に進行することもあり、免疫低下により感染症にかかる危険もあります。

■慢性リンパ性白血病(まんせいリンパせいはっけつびょう)の治療法

慢性リンパ性白血病の原因やメカニズムはまだよく分かっていないため、治療法は確率されていません。
自覚症状がない間は治療は行わず経過観察で様子をみます。
リンパ節の腫れ、貧血などの症状が進行した場合は、抗癌剤、副腎皮質ホルモン剤、フルダラビンという抗癌剤で治療します。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.