痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

急性リンパ性白血病(きゅうせいリンパせいはっけつびょう)治療法

  • HOME »
  • 急性リンパ性白血病(きゅうせいリンパせいはっけつびょう)治療法

■急性白血病について

急性白血病とは、白血球の元の細胞に遺伝子異常が起こり白血病細胞(ガン細胞)が増殖してしまう病気です。
正常な造血細胞が抑制されるために顆粒球の減少による感染症、赤血球の減少による貧血、血小板の減少による出血などの症状が起こります。
急性リンパ性白血病は3種類に分かれます。
ガン細胞が内蔵に侵入すると肝障害、消化器系の症状、皮膚の発疹、中枢神経症状を発症します。

■急性リンパ性白血病について

症状は急性骨髄性と同じ、顆粒球の減少による感染症、赤血球の減少による貧血、血小板の減少による出血などになります。
急性リンパ性は中枢神経浸潤、リンパ節腫張、脾腫の症状が多いことがあります。

■急性リンパ性白血病の治療法

治療は多剤併用化学療法を行います。
治療しても状態がよくないと考えられる場合は造血幹細胞移植も考えられます。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.