痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)治療法

  • HOME »
  • 急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)治療法
急性白血病は、白血球の元の細胞に遺伝子異常が起こりガン細胞が増殖してしまう病気になります。




■急性白血病について

急性白血病とは、白血球の元の細胞に遺伝子異常が起こり白血病細胞(ガン細胞)が増殖してしまう病気です。
正常な造血細胞が抑制されるために顆粒球の減少による感染症、赤血球の減少による貧血、血小板の減少による出血などの症状が起こります。
急性骨髄性白血病は細胞の系統、成熟度、細胞形態、染色体異常等により8種類に分けられます。
白血病細胞(ガン細胞)が内蔵に侵入すると肝障害、消化器系の症状、皮膚の発疹、中枢神経症状を発症します。

■急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)について

急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)の症状としては顆粒球の減少による感染症、赤血球の減少による貧血、血小板の減少による出血などになります。
血液検査で各血球数や白血球の中身等を見て未熟な白血病細胞(ガン細胞)がないか調べます。
ついで骨髄検査で白血病細胞の増殖をみます。
特殊染色・骨髄染色体分析、細胞表面マーカー検査、遺伝子検査などを行い、急性骨髄性白血病の型をみます。

■急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)の治療法

治療は多剤併用化学療法、寛解導入療法、支持療法になります。

多剤併用化学療法は早期に2~3種類の抗癌剤を併用して体内の白血病細胞を殺してできるかぎり数を減らします。

維持療法は貧血に対する赤血球の輸血、感染症に対する抗生物質の投与、出血を防ぐための治療法で、化学療法と平行して行われます。

白血病細胞がみえなくなり造血機能が回復すれば寛解後療法になります。

これらの治療により3割ほどの患者さんが白血病細胞がみえなくなり治癒するといわれています。

再発がみられる場合は造血幹細胞移植や他の治療を行います。

急性骨髄性の中でも急性前骨髄球性白血病にはレイノチン酸というビタミンAの誘導体が特効薬になります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.