痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)原因、症状、治療法
骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)は造血幹細胞の異常により貧血や出血などの症状があらわれる病気になります。




■骨髄異形成症候群について

骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)は造血幹細胞の異常による腫瘍性疾患の一つになります。

ガン遺伝子の活性化、ガン抑制遺伝子の抑制が造血幹細胞に起こり、骨髄異形成症候群を発症します。

高齢者に多く発症しますが、遺伝子異常の原因はまだよく分かっていません。

骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)では、血液中の赤血球、白血球、血小板が減少する汎血球減少症、血液細胞の形態異常や機能異常、骨髄細胞の染色体異常も見られます。

■骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)の症状

骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)の症状としては、貧血、感染症にかかりやすくなる、出血しやすいなどの症状が起こります。

白血病に移行する患者さんもいます。

■骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)の治療法

骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)の治療法は、タンパク同化ホルモン療法、免疫抑制療法、多剤併用化学療法、造血幹細胞移植により治療します。

70歳以上の人には抗癌剤の投与と一緒に、週2回~月1回程度の輸血や血小板輸血を行います。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.