痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)!原因、症状、治療法
造血幹細胞が傷害を受け、赤血球、白血球、血小板が減少し、再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)を発症します。

■再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)について

造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)は赤血球、白血球、血小板を作る大元となる細胞。
そのため造血幹細胞が何らかの原因により傷害を受け、赤血球、白血球、血小板が減少すると汎血球減少症を起こし、再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)を発症してしまいます。
骨髄が低形成となり血液細胞がほとんどなくなるため脂肪細胞がかわりに置きかわってしまいます。

■再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)の原因

原因により先天性のもの、後天性のもの、特殊性のものに分かれます。
また抵抗力も低下してしまうため貧血症状だけではなく、発熱などの感染症、皮下出血、鼻血、歯茎からの出血などの症状もあらわれます。

■再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)の治療

軽症の場合:タンパク同化ホルモンの服用
中症の場合:免疫抑制剤の投与
重症の場合:免疫抑制療法、骨髄移植
支持療法:赤血球輸血、血小板輸血
抗生剤の投与



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.