痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

ビタミン欠乏性貧血!原因、症状、治療法、ビタミンB12と葉酸の補給

  • HOME »
  • ビタミン欠乏性貧血!原因、症状、治療法、ビタミンB12と葉酸の補給
ビタミン欠乏性貧血はビタミンB12と葉酸が不足し赤血球が不足し貧血を発症します。




■ビタミン欠乏性貧血について

私達の正常なDNA合成にはビタミンB12と葉酸が必須ビタミンとなっています。
ビタミン欠乏性貧血はこの必須ビタミンが不足し赤血球が正常に作られず貧血を発症してしまいます。
ビタミンB12と葉酸は食事からの摂取が必要です。
ビタミンB12は肉や魚などの動物性食品に含まれています。
葉酸は野菜に多く含まれ小腸から吸収されます。

■悪性貧血

ビタミンB12は胃の粘膜から分泌される内因子というタンパクと結合し腸から吸収されます。
慢性胃炎などで胃の粘膜が萎縮したり、胃ガンで胃を摘出すると内因子が作れなくなりビタミンB12を吸収できなくなります。
悪性貧血は、胃の粘膜が萎縮して内因子が作れなくなる貧血をいいます。

■葉酸欠乏性貧血

偏った食生活や小腸の病気で葉酸の吸収が減少したり、妊娠や疾患で葉酸を多く必要になったりすると葉酸欠乏性貧血になります。

■ビタミン欠乏性貧血の症状

症状としては、貧血症状、白血球や血小板の減少、吐き気、下痢、消化器障害があります。
ビタミンB12が欠乏すると手足のしびれや歩行障害等の神経症状が起こります。

■ビタミン欠乏性貧血の治療法

治療法としてはビタミンB12と葉酸を補うことになります。
ビタミンB12は注射で治療しますが、およそ3ヶ月に一度、一生涯の筋肉注射の必要があるそうです。
葉酸は葉酸製剤を服用して治療します。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.