痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

拒食症(きょしょくしょう)・過食症(かしょくしょう)

  • HOME »
  • 拒食症(きょしょくしょう)・過食症(かしょくしょう)
拒食症は太ってしまうことを恐れて極端に食べなくなり、過食症は食べ過ぎたことが嫌悪感になり吐いたりする病気。

■拒食症(きょしょくしょう)・過食症(かしょくしょう)について

拒食症は太ってしまうことを恐れて極端に食べなくなる病気です。
過食症は食べ過ぎたことが嫌悪感になり吐いたり下剤を服用し過ぎる病気です。
消化物を吐き出すことの繰り返しで歯がボロボロになってしまうこともあります。
拒食症・過食症は体重の増減や食べる事への執着心が強く、10代20代の若い女性に多く見られる病気です。
ダイエットがきっかけで発症することが多く、ひどくなると生理が止まってしまうこともあります。
拒食が続くと今度は反動で食べ始め過食を発症してしまうこともあります。
しかし食べると太ってしまうので吐いて食べたものを出してしまいます。
吐くとすっきりしてまた食べるという行為を繰り返します。

■拒食症・過食症の原因

拒食症の人の多くは、痩せているのに太っていると思い込んでしまい食べなくなってしまいます。 家族関係がストレスになり拒食症を発症するとも考えられています。
拒食症が続くと今度は反動で食べ始め過食症の発症の危険があります。

■拒食症・過食症の治療法

もっと痩せたい、きれいになりたいという思いから拒食症が始まりますが、本人には拒食症だという自覚はありません。
そのため周囲の人がおかしいと感じたら病院へ連れて行くことも大切です。
カウンセリングを受け、自分を見つめ直しながら拒食症・過食症の治療を行っていきます。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.