痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

パニック障害!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • パニック障害!原因、症状、治療法
パニック障害は強い不安と恐怖におそわれてパニック発作を起こす病気。




■パニック障害について

パニック障害とは強い不安と恐怖におそわれてパニック発作を起こす病気です。
苦しい症状を訴えますが、検査でも異常は見つからず病院に付く頃には発作が治まっていることもあります。
パニック障害ではこのような発作を何度も繰り返します。
発作が起きたらどうしよう、発作を起こした場所でまた発作を起こすのではないかなどの不安を抱いてしまい、さらに精神のバランスを崩してしまいます。

■パニック障害の症状

・動悸
・吐き気
・不安にかられる
・手足がふるえる
・めまい
・冷や汗

突然に触れもなく動悸が激しくなったり、強い不安や恐怖におそわれて息苦しくなったり、手足がふるえるなどの症状を引き起こします。

■パニック障害のチェック

・動悸がする
・ひどい汗をかく
・手足や体がふるえる
・手足や体がしびれる
・息苦しい
・吐き気がする
・胸が痛む
・めまいやふらつき
・身体が冷たくなる
・身体が熱くなる
・自分が自分でないような感じがする
・気がおかしくなるのではにかという気がする
・今にも死んでしまいそうな気がする

■パニック障害の治療法

パニック障害の治療としては抗不安薬などで治療を行います。
パニック障害がなぜ起きるのか、その詳しい原因は分かっていません。
てんかん、心筋梗塞などの症状がないか症状に合った検査を行い、問題がなければ抗不安薬や抗うつ薬で発作がおこらないようにパニック障害を治療します。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.