痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

PTSD・心的外傷後ストレス障害!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • PTSD・心的外傷後ストレス障害!原因、症状、治療法
PTSD・心的外傷後ストレス障害は強烈なショックが心の傷となり心の状態が不安定になる病気。




■PTSD・心的外傷後ストレス障害について

PTSD・心的外傷後ストレス障害とは、強烈なショック体験が心の傷となり心の状態が不安定になる病気です。
事故や地震などの災害、恐怖体験、通常では体験しないような出来事などが心の傷となり、体験日より数週間から数ヶ月経った後の発症する病気です。

■PTSD・心的外傷後ストレス障害の症状

・感情がマヒする
・フラッシュバックがある
・問題を回避する
・不眠

PTSD・心的外傷後ストレス障害では、感情をおもてに出せずに引きこもってしまったり、うなされたり、感情がなくなってしまったり、突如興奮状態に落ち入ったりします。

■PTSD・心的外傷後ストレス障害の原因

少しの揺れや物音にも敏感になり、何らかのきっかけでパニックを引き起こすこともあります。
同じような体験を経験してもPTSD・心的外傷後ストレス障害になる人とならない人がいます。
ストレスに反応しやすい人、子供、高齢者がなりやすいとされています。

■PTSD・心的外傷後ストレス障害の治療法

PTSD・心的外傷後ストレス障害の治療の症状に気付いたら周囲の人などが受診をすすめましょう。
病院に一緒に行って医師に症状を話すのもよいです。
PTSD・心的外傷後ストレス障害の症状はすぐにあらわれるえあけでもなく、症状が長く出続けるというわけでもありあせん。
治療は状態に変わりますが、薬物療法の場合もあればカウンセリング療法の場合もあります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.