痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

適応障害(てきおうしょうがい)原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 適応障害(てきおうしょうがい)原因、症状、治療法
適応障害はつらい状況が乗り越えられず、心体に様々な症状があらわれること。 軽度な状況であれば自然に治り、症状がひどい場合は心療内科治療。




■適応障害について

適応障害とはつらい状況が乗り越えられず、心や体に様々な症状があらわれることをいいます。
新しい環境に対応できなかったり、つらい状況を乗り越えられなかったりした時に、うつ状態、不安感、動悸、ふるえ、頭痛、不眠などの症状が強くあらわれ、日常生活に支障が出ることがあります。
適応障害は男性よりも女性に多くみられる症状です。

■適応障害の症状

・うつ状態である
・ひきこもる
・動悸がする
・不安になる
・頭痛

■適応障害の原因

日常生活全般の出来事が適応障害の発症のきっかけになります。
出会い、分かれ、卒業、就職、結婚、出産、離婚、子供の独立、親の介護など。
これらの出来事はストレスをうけやすい人にとっては大きな負担になり、うまく対応できず、乗る超えられない状況になってしまうことがあります。
人それぞれで症状に違いがありますが、うつ病を引き起こしたり、引きこもりの状態になってしまったり、体調を悪化させてしまうこともあります。

■適応障害の治療法

適応障害は軽度な状況であれば自然に治りますが、症状がひどい場合は心療内科を受診し治療を行います。
抗不安薬や抗うつ薬などの薬による治療を受けたり、カウンセリングによる精神療法による治療を受けます。
適応障害の原因と考えられる状況を取り除くことが適応障害の治療に大切なポイントでもあります。
休職や休学をして十分な休養を取ることも重要です。
日頃からストレスを溜めないような工夫をして日常生活を送ることも適応障害の治療に大切になります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.