痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

五十肩について

  • HOME »
  • 五十肩について
五十肩は、肩関節の異常、石灰化、弾裂により炎症が起こり腕が上がらないなどの症状を発症します。

■五十肩とは

五十肩は腕が上がらないなどの症状があり、多くの場合は肩関節とその周辺の退行変性によるものです。
五十肩は肩関節の上部のけん盤の異常、石灰化、弾裂などによるものが多く、広範囲に関節嚢全体が慢性の炎症を起こしている場合もあります。
動かそうとすると激しい痛みが生じ、周囲の組織や筋肉がかたくこわばっている状態が起こります。

■五十肩の治療

五十肩は放置しておいても半年から1年ほどで自然に治癒します。
早く治すためには局所に副腎皮質ホルモンを注射し、温めて治療します。
睡眠時は腕をできるだけ脇の下から離すようにすると五十肩改善の効果が期待できます。
関節上部に石灰が溜まって痛みが生じている場合は、手術療法で取り除くと治療をします。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.