痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

慢性副鼻腔炎!慢性蓄膿症

  • HOME »
  • 慢性副鼻腔炎!慢性蓄膿症
慢性副鼻腔炎は4つの副鼻腔の粘膜に炎症が起こり空洞内に膿汁が溜まる病気。

■慢性副鼻腔炎について

慢性副鼻腔炎は4つの副鼻腔の粘膜に炎症が起こり空洞内に膿汁が溜まる病気です。
慢性副鼻腔炎は鼻の病気の中でも最も多く症状としてあらわれる病でもあります。
子供から大人までかかり、体質と深い関係があります。
慢性になると治癒が難しい病気でもあります。

■慢性副鼻腔炎の症状

慢性副鼻腔炎は鼻汁がつきもので、粘液性、粘液膿性でのどの方の流れてきます。
鼻粘膜が腫れて、鼻たけができ、嗅覚に障害があらわれます。
そのため不機嫌、注意散漫、記憶力の減退、睡眠不足などの症状もあらわれます。
まわりの臓器にも影響が及び眼精疲労、弱視、耳管の炎症、中耳炎、慢性咽頭炎、喉頭炎、胃腸障害など様々な症状があらわれます。
気管支拡張症の原因になることもあります。

■慢性副鼻腔炎の原因

慢性副鼻腔炎の原因としては、急性鼻炎、急性蓄膿症などから発症することが多く、子供の頃にアデノイドから慢性鼻炎を起こし、さらに慢性副鼻腔炎に発展する場合も多くあります。
歯根部の炎症、虫歯なども慢性副鼻腔炎の原因になります。
副鼻腔の形は人により違いがあり、病原菌の種類、患者の体質、生活環境などにより発病や病気の性質が変わってきます。

■慢性副鼻腔炎の治療

慢性副鼻腔炎の治療は原因が複雑なため治療も困難でもあります。
鼻腔の洗浄、副鼻腔の洗浄、抗生物質の服用などがありますが、一時的な効果しか期待できません。
根治手術が必要な場合もありますが、100%の効果は難しい点もあります。
薬物療法に比較して効果は期待でき、タイプによっては根治も期待できます。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.