痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

急性副鼻腔炎!急性蓄膿症

  • HOME »
  • 急性副鼻腔炎!急性蓄膿症
急性副鼻腔炎は鼻腔につながる副鼻腔の粘膜に急性炎症が起こり、膿汁などの分泌物が溜まった状態。

■急性副鼻腔炎について

鼻腔につながる副鼻腔の粘膜に急性炎症が起こり、膿汁などの分泌物が溜まった状態をいいます。
副鼻腔とは鼻腔につながる鼻の奥の方の腔をいいます。
副鼻腔には上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞の4つあり、最も冒されるのは上顎洞になります。

■急性副鼻腔炎の症状

強い全身の倦怠感、頭痛、目のまわりの痛みが起こります。
痛みが鼻根部、前頭部まで起こることもあり赤く晴れ上がることもあります。
鼻づまりと悪臭のある粘液膿性の分泌物が多量に出て、発熱が起こります。
急性副鼻腔炎は片側にだけ起こることが多くあります。

■急性副鼻腔炎の原因

急性副鼻腔炎は急性鼻炎から移行することが多くあります。
インフルエンザ、肺炎、はしかなどの病気や、歯の病気の後に起こることもあります。
どの副鼻腔炎が冒されているのかは専門医によって判断されます。

■急性副鼻腔炎の治療

急性副鼻腔炎の治療にはサルファ剤や抗生物質の注射、内服薬の副王で比較的簡単に治癒します。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.