痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

前立腺肥大・前立腺ガン

  • HOME »
  • 前立腺肥大・前立腺ガン
前立腺肥大は加齢にともない前立腺が肥大し排尿障害を起こす病気です。
前立腺ガンは自覚症状がなく発症する病気です。




■前立腺(ぜんりつせん)について

前立腺は男性の膀胱直下に尿道を取り巻くようにある臓器になります。
精子の活動化させる前立腺液を分泌する働きを持っています。
尿道が通っているため排尿と深く関係もしています。
前立腺には加齢にともない前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)を発症する恐れが増してきます。
歳を取ると前立腺が肥大してきて、睡眠時にトイレに何度も起きたりするようになります。
肥大することで様々な排尿障害の原因にもなってきます。
前立腺肥大は男性ホルモンの影響が大きく関係しています。
男性の場合40代前後から肥大してきます。

■前立腺肥大の症状

前立腺が肥大すると尿道が圧迫されるため尿の出が悪くなり、膀胱内に尿が残っているような残尿感におそわれます。
また尿道が狭くなってしまうことで、加齢とともに排尿に時間がかかるようになってきます。

■前立腺ガンについて

前立腺ガンは前立腺の外側に出来ることが多く尿障害の自覚症状がなく発症しています。
腰の痛みなどで気づいた時にはすでにガンが移転してしまった後であることもおおくあります。
前立腺ガンは男性が歳を取ると危険性が増してくる病気です。
近年では日本人男性に急増しているため、このままいくと肺ガンに次いで2番目に患者数が多くなると考えられています。
大豆イソフラボンはガンの進行を抑制する効果があり、大豆イソフラボンの多く含まれる和食などは前立腺ガンの予防効果があるそうです。

■放射線治療

切らずに治せる治療法が研究開発され、特に患者さんの体への負担が少ない放射線治療(ほうしゃせんちりょう)の進歩が高いそうです。
放射線治療が進歩してきているので、切らずに治療できる方法もあるそうです。
放射線治療は患者の体への負担が少ないというメリットがあります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.