痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

乳腺繊維腫について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 乳腺繊維腫について!原因、症状、治療法
乳腺繊維腫は乳房の良性のしこり。 小さく良性であれば経過観察。 しこりが大きい場合は手術で取り出します。




■乳腺繊維腫について

乳腺繊維腫とは思春期から30代にかけてみられる乳房の良性のしこりです。

しこりだけの症状のため、痛みや分泌物がでるなどの症状はありません。

■乳腺繊維腫の症状

・乳房にしこりがある

しこりの大きさは大豆ほどから鶏卵くらいまで様々ですが、1~3cmほどの球形が多いです。

でこぼこした物、急に大きくなってしまうものもあります。

しこりには弾力性があって触ると形がわかり、皮膚の下で動かすことができてしまいます。

通常は一度に一個しかできませんが、複数できたり、両方の乳房にしこりができることがあります。

■乳腺繊維腫の原因

乳腺や乳房の繊維組織が増殖してしこりができ、ホルモンの過剰分泌が原因と考えられています。

■乳腺繊維腫の治療法

乳腺繊維腫は多くの場合、触診、マンモグラフィ、超音波検査で発見できます。

しこりが小さく良性であれば治療の必要はありません。

定期通院で診断を受けながら経過観察になります。

しこりが大きい場合は手術で取り出します。

手術は局所麻酔をして20分ほどでできる簡単なもので入院の必要もないほどです。

小さい切開で済み乳房の変形もほとんどありません。

しこりが見つかったら診断を受けましょう。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.