痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍!原因、症状、治療法
バルトリン腺の出口から細菌が入り感染して炎症を起こします。




■バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍について

バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍とは、細菌に感染して痛みが生じたり、しこりができたりする病です。

バルトリン腺は膣の入口の肛門側の左右にあり、性交渉の際の潤滑剤の働きをする粘膜を分泌している場所です。

■バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍の症状

・膣の入口の一部分が赤い球状に腫れあがる
・高熱が出る
・痛みがある
・座れない

炎症ができた部分が赤く球状に腫れて熱が出て痛みが生じます。
患部を圧迫すると痛みが増してしまい、腫れがひどくなると歩いたり座ったりするのが困難になってしまいます。
高熱が出ることもあります。

■バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍の原因

バルトリン腺の出口から細菌が入り感染して炎症を起こしてしまいます。

炎症が起こりバルトリン腺の出口が塞がって分泌液が出なくなると、粘液が溜まってのう胞が出来しこりになってしまいます。

のう胞の中で細菌が繁殖すると粘液は膿になってしまい、赤く晴れ上がってバルトリン腺膿瘍になります。

■バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍の治療法

バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍の治療としては、原因菌に合わせた抗生物質を服用して治療します。

膿が溜まっている場合は注射器で吸い出したり、患部を切開することもあります。

尿や便、性交渉で感染しやすいので、患部を清潔に保つことが大切になります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.