痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

外陰潰瘍について!症状、治療法

  • HOME »
  • 外陰潰瘍について!症状、治療法
外陰潰瘍とは、外陰部の皮膚や粘膜がただれている状態。外陰部を清潔にして薬を使用。

■外陰潰瘍について

外陰潰瘍とは、外陰部の皮膚や粘膜がただれている状態になります。
そのため強い痛みが生じます。
細菌や性交渉によるヘルペスウイルスの感染が主な原因となります。
難病のベーチェット病の症状としてみられることもあります。

■外陰潰瘍の症状

・外陰部が赤くただれる

■外陰潰瘍の治療法

外陰潰瘍の治療は外陰炎と同じで、外陰部を清潔にして薬を使用します。
原因の病原体を調べ、合った抗生物質や抗ウイルス薬、抗真菌剤を使用します。
かゆみには抗ヒスタミン剤、鎮痛剤も使用します。
最も大切なのは外陰部を清潔に保つことになります。
トイレットペーパーで雑に拭いたり、お風呂で強めに洗ったりすると、逆に皮膚や粘膜をを傷つけてしまいます。
なるべくやさしく洗い、ぬるま湯などで洗いながすようにしましょう。
生理用品はこまめに交換し、通気性を良くし、体型に合った下着を付けるなどしましょう。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.