痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

萎縮性膣炎について!症状、治療法

  • HOME »
  • 萎縮性膣炎について!症状、治療法
萎縮性膣炎の治療は飲み薬や膣座薬で治療。




■膣炎について

膣中には膣内を酸性にするための菌がいて、外から菌が入ってきても増殖できないようにしてくれています。

この作用が弱まって病原体が増え粘膜に炎種を起こしてしまうのが膣炎です。

膣炎は性交渉で感染する場合が多いですが、まれにトイレの便座や入浴で感染することもあります。

膣炎はピンポン感染といってパートナー間でうつしあってしまうので、パートナーと一緒に治療する必要があります。

■萎縮性膣炎について

萎縮性膣炎は更年期以降に多くみられます。

エストロゲンの分泌が減る更年期以降には、膣の粘膜も萎縮し自浄作用が弱くなってしまいます。

すると膣の潤いや伸縮性も弱まり傷つきやすくなり、そのため炎症を起こしやすくなってしまいます。

血が混じるおりものの出ることもありますが、かゆみはともないません。

■萎縮性膣炎の症状

・褐色のおりものがある

■萎縮性膣炎の治療法

萎縮性膣炎の治療は飲み薬や膣座薬で治療します。

分泌が減っているエストロゲンの飲み薬や膣座薬を使用。

性交渉時には潤滑ゼリーを使用して潤いを与え、膣の粘膜を傷つけるのを予防しましょう。

潤滑ゼリーの使用は性交痛の予防にもつながります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.