痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

非特異性膣炎について!症状、治療法

  • HOME »
  • 非特異性膣炎について!症状、治療法
非特異性膣炎の治療としては、膣内を洗浄し、菌に合った薬を使用。




■膣炎について

膣中には膣内を酸性にするための菌がいて、外から菌が入ってきても増殖できないようにしてくれています。
この作用が弱まって病原体が増え粘膜に炎種を起こしてしまうのが膣炎です。
膣炎は性交渉で感染する場合が多いですが、まれにトイレの便座や入浴で感染することもあります。
膣炎はピンポン感染といってパートナー間でうつしあってしまうので、パートナーと一緒に治療する必要があります。

■非特異性膣炎について

病気や栄養不足で体力や抵抗力が落ち、膣の自浄作用が弱くなっているときに、性交渉、下痢、タンポンの抜き忘れなどが原因となり大腸菌などが進入して増殖してしまい非特異性膣炎になってしまいます。

■非特異性膣炎の症状

・黄色や緑色で悪臭のあるおりものが増える

非特異性膣炎の症状としては、おりものが増えてにおいが気になることもあります。
おりものは菌の種類により黄色や緑色などになります。

■非特異性膣炎の治療法

非特異性膣炎の治療としては、膣内を洗浄し、菌に合った薬を使います。
膣内に避妊具などの異物があればそれを取り除き、膣内をきれいに洗浄します。
おりものから原因菌を調べ、菌に合わせた抗生物質を使います。
飲み薬や膣座薬で治療します。
一般的に1~2週間ほどで治ります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.