痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

子宮頸管炎について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 子宮頸管炎について!原因、症状、治療法
子宮頸管炎は子宮の入口が炎症を起こしている状態。治療としては抗生物質を服用。

■子宮頸管炎について

子宮頸管炎とは子宮の入口が炎症を起こしている状態になります。
子宮頸管炎になると子宮頸管が細菌の感染で炎症を起こしてしまい、下腹部が痛くなったり、膿のような悪臭のあるおりものが出たりします。
子宮頸管炎を放置しておいて炎症が子宮体部まで広がると子宮内膜炎になってしまいます。
悪化して卵管を通り骨盤の中まで及ぶと骨盤腹膜炎になってしまいます。

■子宮頸管炎の症状

・においのきついおりものが出る
・黄色や黄緑色のおりものが出る

■子宮頸管炎の原因

原因菌は大腸菌やクラミジアなどです。
出産や中絶でついた傷が炎症を起こすこともあります。

■子宮頸管炎の治療法

子宮頸管炎の治療としては抗生物質を服用。
治療中は性交渉は控えます。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.