痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

アトピー性皮膚炎について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • アトピー性皮膚炎について!原因、症状、治療法
アトピー性皮膚炎とはアレルギー性の皮膚炎のこと。




■アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎とはアレルギー性の皮膚炎のことであり、大人になってからも発症します。
原因はよく分かっていませんが、体質が原因のひとつと考えられています。
子供の頃に発症して治ることが多いですが、思春期から湿疹が出る人、大人で発症する人もいます。
大人のアトピー性皮膚炎になると、全身に強いかゆみと湿疹が繰り返しあらわれてきます。

■アトピー性皮膚炎の症状

・肌のかゆみ
・皮膚のかさつき
・湿疹
・湿疹部分がザラザラして厚くなる

アトピー性皮膚炎の症状には、皮膚のかさつき、発疹部がザラつき厚くなる、強いかゆみなどの症状があります。
幼児期のアトピー性皮膚炎の症状では、湿疹を引っ掻くなどしてじくじくし、乾いて黄色いかさぶたになります。
大人のアトピー性皮膚炎では、皮膚の乾燥が目立ち、白っぽくカサカサした状態になります。
かゆみが強く、夏場は治まりますが、冬場になると乾燥肌が亢進してかゆみが強く現れます。
首の周り、ヒジ、ヒザの裏などが強いかゆみが起こります。
顔に紅斑が現れ、赤ら顔の状態になるkともあります。
悪化すると全身の皮膚が真っ赤になって角質が剥がれ落ちる紅皮症(こうひしょう)が起こることもあります。

■アトピー性皮膚炎の原因

ハウスダスト、ダニ、花粉、皮膚の細菌など、原因となるアレルゲンは人によって違います。
アトピー性皮膚炎の人は、汚れ、発汗、垢、衣類の刺激、温熱などのあらゆる刺激に反応してしまいます。
仕事や職場でのストレスもアトピー性皮膚炎の発症の原因になります。
アトピー性皮膚炎は遺伝も関係していて家族内に同じ体質の人がいることが多いと言われています。

■アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の治療は、原因となっているものを取り除き、原因となるものを避けたりして対処します。
アトピー性皮膚炎がストレスが原因となっている場合は、気分転換などを行いストレス解消を取り除くようにします。
お風呂で身体を清潔にし、ローションなどで保湿することも大切になります。
アトピー性皮膚炎の症状がひどい場合は皮膚科による治療が必要になります。
乾燥肌程度の場合は、ワセリン、尿素軟膏、ヘパリノイド軟膏などを塗布します。
軟膏でも治まらないときは、抗ヒスタミン剤やアレルギー剤を使用します。
炎症があるときは、外用剤の塗布を行います。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.