痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

尿路感染症について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 尿路感染症について!原因、症状、治療法
尿路感染症は尿道から細菌が入り込み尿路に炎症を起こす病。




■尿路感染症について

尿路感染症とは尿道から細菌が入り込み、尿路に炎症を起こす病です。

女性の尿道は短いため、尿道口が肛門に近いため感染しやすいということがあります。

身体の抵抗力がストレスや過労で弱っているときに、生理、排尿、排便、セックスをきっかけに感染することが多くあります。

尿道での炎症は、膀胱や腎臓にも細菌が入っていく危険もあります。

■尿路感染症の症状

・頻尿
・排尿痛
・血尿
・尿が白く濁る
・背中や腰の痛み
・高熱が出る

炎症箇所によっては膀胱炎、腎盂腎炎となります。

膀胱炎はおしっこが近くなり、尿が白く濁ったり、排尿時に痛みが生じたりします。

腎盂腎炎になると背中や腰に痛みが生じて40度を超える高熱が出ることがあります。

■尿路感染症の治療法

尿検査や血液検査で細菌や炎症の程度を見ます。

尿路感染症の治療としては抗生物質を服用して細菌を抑えますが、場合によっては点滴により治療します。

細菌を体外に排出するため、水分をおおく摂るようにし、トイレは我慢しないようにします。

休養と睡眠を十分に取り、セックスは控えるようにします。

再発しないように患部を清潔にしましょう。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.