痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

低血圧症について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 低血圧症について!原因、症状、治療法
低血圧症は毎日の生活習慣を見直すことで改善します。ウォーキングなどの適度な運動は低血圧症の治療に効果的。




■低血圧症について

低血圧症とは血圧が正常の値よりも低いため血液の流れが悪くなり発症します。

最大血圧が100mmHg以下の状態が低血圧になります。

低血圧には二次性低血圧と本態性低血圧があります。

病気が原因の場合が二次性低血圧であり、体質的なものが原因となって起こるのが本態性低血圧になります。

低血圧症の多くが本態性低血圧になります。

■低血圧症の症状

・だるさを感じる
・眠気がある
・めまいがする
・肩がこる
・頭が痛い
・身体が冷える

低血圧症が起こると身体の中の血液の流れが悪くなり、疲労感、眠気、頭痛、肩こりなどの症状が起こります。

■低血圧症の治療法

低血圧症の治療としては、本態性低血圧の場合は毎日の生活習慣を見直すことで改善します。

食事、運動、睡眠を見直すことで改善が可能です。

夜型の生活は自律神経が乱れるため、様々な体調不良が生じます。

低血圧症の人は朝が弱いということがるので夜は早めに寝るようにしましょう。

朝は余裕を持って起きるようにし、起き上がる前に軽いストレッチを行い、シャワーなどで血行を良くします。

食事は3食きちんと摂りましょう。

ウォーキングなどの適度な運動は筋肉を刺激されて血流が良くなるので、低血圧症の治療に効果的です。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.