痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

胃潰瘍・十二指腸潰瘍!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍!原因、症状、治療法
胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、内視鏡などで検査を行い、状態に合わせた薬などで治療。




■胃潰瘍・十二指腸潰瘍について

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは、胃や十二指腸の粘膜がストレスなどにより傷つきただれたり、えぐれたりする病です。

胃に痛みが生じたり、血を吐くなどの症状があるため自分でも分かりやすい病です。

胃は食べ物を消化するため胃液を分泌します。

胃液は食べ物を溶かすほど力があるため、胃は粘膜を守るために粘液を分泌して胃や十二指腸を守っています。

しかしストレスなどにより粘液の分泌が弱くなると潰瘍ができてしまいます。

胃潰瘍は40代~50代に多く、十二指腸潰瘍は30代~40代に多く発症しています。

■胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状

・空腹時に胃が痛くなり、食べると痛みが軽くなる
・血を吐く
・胸焼けがする
・吐き気がある

■胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因

ストレスなどにより粘液の分泌が弱くなると胃液の量が多くなり胃や十二指腸に潰瘍ができてしまいます。

■胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療法

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療は、内視鏡などで検査を行い、状態に合わせた薬などで治療します。

また適度な運動を行ったり、ストレス解消などを行ったりし、原因となっているストレスを取り除くことも合わせて行います。

バランスの良い食事を摂り、胃にできるだけ負担がかからない食品、胃を守ってくれる食品を摂るようにします。

十分な睡眠を取り身体を休めるようにしましょう。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.