痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

淋菌感染症!性感染症・STD

  • HOME »
  • 淋菌感染症!性感染症・STD
淋菌感染症とは外陰部にかゆみが生じ、おりものが増えてしまう性感染症。

■淋菌感染症

淋菌感染症とは外陰部にかゆみが生じ、おりものが増えてしまう性感染症です。
淋菌感染症は淋病が原因になります。
5日前後の潜伏期間があります。
無症状の場合が多いですが、排尿時に痛みが生じたり、黄色っぽいおりものがでたりします。
淋菌感染症の治療はペニシリンなどの抗生物質で行います。
治療せずに放置しておくと子宮内膜症を発症したりします。
骨盤に菌が入ると不妊や子宮外妊娠の原因となってしまうこともあります。
男性が感染すると尿道口から膿出たり、激しい痛みが生じることがあります。
パートナーが淋菌感染症を発症したら一緒に検査治療を受けることが大切になります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.