痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

カンジダ膣炎について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • カンジダ膣炎について!原因、症状、治療法
カンジダ膣炎はカンジダ菌が原因で抵抗力がないと発症しやすい病。カンジダ膣炎の治療としては洗浄して薬を使用。




■膣炎について

膣中には膣内を酸性にするための菌がいて、外から菌が入ってきても増殖できないようにしてくれています。
この作用が弱まって病原体が増え粘膜に炎種を起こしてしまうのが膣炎です。
膣炎は性交渉で感染する場合が多いですが、まれにトイレの便座や入浴で感染することもあります。
膣炎はピンポン感染といってパートナー間でうつしあってしまうので、パートナーと一緒に治療する必要があります。

■カンジダ膣炎について

カンジダ膣炎はカンジダ菌が原因で抵抗力がないと発症しやすい病です。
カンジダ菌はカビの一種で、普段から皮膚・口・内蔵にあって膣にもいます。
健康な時は数が少ないので問題ありませんが、抵抗力が低い時や、ホルモンのバランスが悪い時に増殖して発症してしまいます。
初期の頃は白いクリーム状で、進行するとポロポロのおろものが増えて膣内や外陰部のかゆみが強くなります。
外陰炎になってただれることもあります。

■カンジダ膣炎の症状

・膣や外陰部がかゆい
・白くポロポロしたおりものが増える

■カンジダ膣炎の治療法

カンジダ膣炎の治療としては洗浄して薬を使用します。
膣を洗浄してから抗真菌剤の膣座薬を使用し、外陰部の炎症は水やお湯で洗い流し、軟膏をぬり治療します。
カンジダ膣炎の症状は3日~5日で治まりますが、再発しやすいので生活習慣を整えることが大切になります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.