痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

月経困難症について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 月経困難症について!原因、症状、治療法
月経困難症とは生理と同時に痛みが生じ、日常生活を普通に過ごせない病です。月経困難症の治療は鎮痛剤が使用、漢方薬の使用、生活習慣の改善になります。




■月経困難症について

月経困難症とは生理と同時に痛みが生じ、日常生活を普通に過ごせない病です。
生理が起きるとお腹の痛み、腰の痛み、頭痛、吐き気、下痢、便秘、めまい、などの生理痛という不快な症状が起きることがあります。
痛みや不調は人によって違いがありますが、生理になると必ず寝込んでしまったり、家事ができない、仕事が手に付かないなどの症状があらようでしたら婦人科で診察をうけましょう。

■月経困難症の症状

・お腹が痛い
・腰が痛い
・頭が痛い
・吐き気がある
・下痢
・便秘
・めまいがる
・生理が始まると必ず寝込んでしまう
・つらい痛みが4日以上続く
・家事や仕事が手につかない
・外出中に動けなくなってしまう
・痛み止めが効かない

■月経困難症の原因

月経困難症には病気が原因のものと、原因がはっきりしないものがあります。
病気が原因のものには子宮内膜症や卵巣のう腫などがあります。
症状が除々に重くなってきたり、これまでとは違う痛みが何ヶ月が続くときは病気が原因の場合が考えられます。
これといった病気も考えつかず、原因がはっきりしない場合はストレス・冷え・立ち仕事などの生活習慣が原因となって症状が重くなることが考えられます。

■月経困難症の治療法

検査では生理の周期、痛みの状態などを詳細に聞かれ、内診、超音波検査、血液検査などで原因を調べます。
病気が見つかればその治療を行います。
痛みの軽減には鎮痛剤が使用されます。
冷えなどには漢方薬が使われることがあります。
精神的なことが原因となっている場合には生活習慣の改善だけで症状が緩和されることもあります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.