痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

月経前症候群・PMS!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 月経前症候群・PMS!原因、症状、治療法
月経前症候群・PMSとは生理前の不快な症状で日常生活ができないほどになる病。月経前症候群・PMSの対応策としては生活習慣に気を付けて、場合によっては薬を服用。




■月経前症候群・PMS

月経前症候群・PMSとは生理前の不快な症状で日常生活ができないほどになる病です。
毎月の生理前になると肉体的にも精神的にも不快な症状があらわれるという人は少なくありません。

■月経前症候群・PMSの症状

・手足や顔がむくむ
・胸が張って痛みが生じる
・頭が痛い
・イライラする
・怒りっぽくなる
・憂鬱になる
・すごく食欲が高まる
・性欲が低下する
・化粧のノリが悪い
・眠くなる
・体重が2~3キロ増える

月経前症候群・PMSの症状としては、胸が張って痛くなったり、顔や手足がむくんだり、疲れやすくなったり、お腹が張って痛みが生じたり、頭痛、肩こり、吹き出物などの身体にあらわれるものと、イライラしたり、集中力がなくなったり、落ち込んで憂鬱になるなどの心にあらわれるものがあります。

■月経前症候群・PMSの原因

月経前症候群・PMSは生理周期とともに変化する女性ホルモンの分泌に体が対処しきれずに不調が起きると考えられています。
排卵日近くなると卵胞ホルモンが増えて、排卵日を過ぎると黄体ホルモンの分泌量が増えます。
そして妊娠していないと一気にホルモン量が減っていきますが、その変化にうまく体がついていけずに不調が起こります。
黄体ホルモンの分泌量は生理の2週間ほど前に急に多くなり、生理の直前に減っていきます。

■月経前症候群・PMSの治療法

月経前症候群・PMSの対応策としては生活習慣に気を付けて、場合によっては薬を飲むことになります。
月経前症候群・PMSは神経質な人に出やすいと言われ、疲れが溜まっていたり、ストレスが強かったりすると症状が重くなったりします。
精神的なイライラや不安感は、入浴やアロマセラピーなどでリラックスできる時間を持つようにしたり、休養と睡眠を取ることが効果的です。
また体を動かしたり運動することはストレス解消につながります。
ウォーキング、軽いエクササイズ、体を伸ばしたりするのも効果的です。
症状が軽減されないときや辛いときは医師の診察を受けましょう。
ピル、抗鬱剤、利尿剤などの薬を使用することもあります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.