痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

更年期障害の治療法!ホルモン補充療法、エストロゲン

  • HOME »
  • 更年期障害の治療法!ホルモン補充療法、エストロゲン
更年期障害はエストロゲンという女性ホルモンの減少により発症する病。更年期障害により日常生活に支障が出る場合には症状をやわらげるホルモン補充療法などを行い更年期障害の治療をします。




■更年期

更年期は卵巣機能が低下して排卵がなくなり、閉経前後の10年のことをいいます。
更年期は40代頃から始まると言われますが個人差があり、初潮や閉経により異なってきます。
更年期になると様々な病気になりやすくなるとこ考えられます。
子宮体がん、乳がん、下肢静脈瘤、性器脱、骨粗しょう症、糖尿病、うつ、高血圧、動脈硬化、関節性リウマチなどにかかりやすいとされているので、生活習慣にも気を付けて予防することが大切です。

■更年期障害について

更年期障害はエストロゲンという女性ホルモンの減少により発症すると考えられています。
女性ホルモンは妊娠や出産、女性らしい体つきなど健康を保つために重要な役割を果たしています。
30代で更年期障害を疑う人も多いそうですが、生理が定期的なうちはまだ更年期ではないそうです。
更年期障害は血液検査でホルモンの分泌状態を調べ、卵巣の働きをみればすぐわかるそうです。
更年期障害は気づかないうちに過ぎてしまう人もいますが、治療が必要なほどひどい症状の人もいます。

■更年期障害の症状

・のぼせる
・ほてる
・汗が出る
・いらいらする
・頭痛
・めまい
・吐き気
・不眠
・疲れやすい
・動悸
・憂鬱になる
・肩こり
・腰痛
・頻尿
・性交痛

更年期になり卵巣機能が低下しエストロゲンの分泌が減少すると様々な更年期障害の症状があらわれます。

■更年期障害の治療法

更年期障害の治療としては、日常生活に支障が出る場合には症状をやわらげる治療をします。
ホルモン補充、漢方薬、抗うつ剤、カウンセリング、運動などを、医師と相談しながら症状に合わせた更年期障害の治療法を行います。
精神的な症状が強い人には抗うつ剤が効果的ですが、カウンセリングが効果的な場合もあります。
カウンセリングにより悩みや心配事の問題点を見つけて解決していきます。
好きなスポーツをしたりウォーキングをする運動療法にも更年期障害の改善の効果が期待できます。
楽しんでできる趣味を持ったり、仲間をみつてたわいもないおしゃべりをするのもストレス解消になり更年期障害の治療につながります。
ショッピング、旅行、おしゃれなどリフレッシュ方法を持つことも更年期障害の治療に大切です。

●ホルモン補充療法
減少している女性ホルモンを薬などで補充して更年期障害の症状をやわらげます。
精神的な症状の改善も期待でき、女性ホルモンの減少により起こる骨粗しょう症の予防にもつながります。
ホルモン補充療法では、症状が軽度であれば内服薬を使い、重症のときは注射により補充します。
ただし子宮がん、乳がん、卵巣がんにかかったことがある人、心臓、肝臓、腎臓に病気がある人は行えません。

●漢方薬
漢方薬による更年期障害の治療は、ホルモン補充療法を行うほど症状がひどくない人、ホルモン補充療法を希望しない人、持病によりホルモン補充療法が使えない人、ホルモン補充療法の補助として使用されます。
漢方薬による更年期障害の治療は、症状や体質に合わせて処方されるので患者に合った効果が期待できます。
漢方薬による更年期障害の治療は、ホルモン補充療法に比べ効果が弱いこともありますが、副作用が少ないというメリットもあります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.