痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

生理痛について!痛み止めを服用、温めて痛みを軽減

  • HOME »
  • 生理痛について!痛み止めを服用、温めて痛みを軽減
生理痛は無理せず市販の痛み止めを利用する。
身体を温めて生理痛を軽減する。




■生理痛について

生理痛は軽い痛みならたいていの人にありますが、全ての人にあわけではありません。

生理痛は始まって数日間は下腹部・お腹・腰がしくしく痛かったり重いことがあります。

人によって違いはありますが、1日目~3、4日の間に感じることがあるようです。

痛みのために学校や仕事を休んで寝込んでしまうようであれば、子宮や卵巣に病気が隠れていることも考えられます。

■痛みの原因

・ストレス
・過労
・不規則な生活
・子宮筋腫
・子宮内膜症
・子宮頸管が狭い(月経血がすんなり通らない)

■痛み止めを利用する

生理痛がひどい場合は無理せず市販の痛み止めを利用した方がよいです。

しかし痛み止めの効果がなかったり、痛みのために寝込んでしまうようであれば婦人科を受診しましょう。

内診や超音波検査などで病気の検査をし、病気があればその病の治療を行いましょう。

病気も見つからず生理痛の痛みがひどい場合は痛み止めを処方してもらって服用しましょう。

■温めて生理痛を軽減する

生理の周期がある程度分かっている場合は、痛み止めを用意しておき、痛み出す前に飲み始めるとよいそうです。

その他身体を温めると痛みを和らげる効果が期待できます。

腰やお腹を冷やさず、カイロや腹巻きを利用して温めると生理痛の痛み軽減に役立ちます。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.