痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

バセドウ病!甲状腺ホルモン、女性の疲れ、甲状腺ガン、メルカゾール

  • HOME »
  • バセドウ病!甲状腺ホルモン、女性の疲れ、甲状腺ガン、メルカゾール
甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンが何らかの原因で過剰に分泌されると、疲労や手足の震えなど身体に異常を起こし、またバセドウ病を発症してしまうこともあります。




■肉体的な疲れと精神的な疲れ

そもそも私達が身体を動かすと、活性酸素と呼ばれる物質が細胞内に発生します。
この活性酸素が筋肉細胞を傷付けることで疲労を感じるのが肉体的な疲れになります。
そしてストレスを受けたときに感じる疲れや、長時間パソコン画面を見続けたときの疲れは、脳に活性酸素が発生し脳細胞を傷つけることで感じる精神的な疲れになります。

■甲状腺(こうじょうせん)

甲状腺は、縦2~3cmほど、横が4~5cmほど、厚さが1cmほど、重さが約15gほどの臓器で、蝶が羽を広げたような形が特徴です。
男性の甲状腺は女性よりやや大きいです。
甲状腺はのど仏のすぐ下で、気管を囲むように付いています。

■甲状腺ホルモン

私達の臓器や脳では10種類以上のホルモンが作られていますが、その中の一つに異常が起こると疲れの原因となります。
私達の首にある甲状腺(こうじょうせん)という15gほどの小さな臓器からは甲状腺ホルモンというホルモンが分泌されています。
これこそが第3の疲労として注目を集めている疲労の原因ホルモンです。
女性を疲れさせる甲状腺ホルモンは元々誰の身体の中にも存在していますが、ある病によって急増し全身に悪影響を及ぼしてます。
しかもこの甲状腺ホルモンの異常によって疲れていると考えられる潜在的な患者数は約500万人と言われています。



■バセドウ病

バセドウ病とは、患者数の4分の3が女性という圧倒的に女性に多い病です。
バセドウ病は女性を疲れさせるホルモン「甲状腺ホルモン」が過剰に分泌する病です。
甲状腺ホルモンが過剰に分泌されると全身の新陳代謝が促進し、臓器の活動などが異常に活性化してしまいます。
特に心臓や消化器などの機能が活発になり過ぎ、体内のエネルギーを大量に消費してしまいます。
時が経つにつれホルモンの分泌量は増加し、夜寝ている間でさえどんどんエネルギーを使ってしまい、ついには寝ても疲れが取れなくなってしまうこともあります。
バセドウ病になると多くの人の甲状腺が腫れた状態になります。
通常の甲状腺の大きさよりも10倍の大きさに腫れる場合もあります。
甲状腺ホルモンが過剰に分泌されると疲れなど様々な症状が現れてきます。
バセドウ病の症状は多種多様で、何気ないものが多いのが特徴です。
全身の活動を司る甲状腺とそのホルモン。
いまこの第3の疲れの原因に異常が発生している人が増えていると言われています。
バセドウ病は若い人の方が発生しやすいと言われています。
20代~40代の人がバセドウ病を発症しやすいが、10代や50代~60代の患者さんもいます。

■バセドウ病の代表的な症状

●見た目にわからない病状
・疲れやすい
・脈が速い
・暑がり
・かゆみ
・息切れ
・口が渇く
・便の回数が増加
・眠れない
・微熱が続く

●見た目にも分かる病状
・発汗増加(汗かきになる)
・手足の震え
・体重の減少
・甲状腺の腫れ
・眼球が飛び出る
・髪の毛が抜ける

●精神的な症状
・イライラする

4つ以上当てはまった場合はバセドウ病の疑いがあります。
出た症状全てを医師に伝えることが甲状腺の異常の早期発見につながります。

■放射性ヨードと甲状腺ガン

放射性ヨードが体内に入ると、約30%が甲状腺内に取り込まれると言われています。
子供の場合、体内に取り込まれた放射性ヨードによって甲状腺ガンを発症しやすいと言われています。
18歳未満は大人に比べて細胞分裂が激しいため、放射性ヨードの影響を受けやすくなります。
甲状腺のエコー検査ならば簡単に検査が出来るそうです。

■バセドウ病は適切な薬で良くなる

バセドウ病は適切な薬を飲むだけで良くなります。
そもそもバセドウ病とは体内で作られた異常物質が甲状腺に取り付き、甲状腺ホルモンが大量に分泌されることで発症する病です。

●メルカゾール
メルカゾールは甲状腺ホルモンの量を減らし、その異常物質を取り除いてくれる薬です。
50年前から使用され、最も効果があるとされるバセドウ病の特効薬です。
しかもこの薬は白血球が減少したり、じんましんによるかゆみが悪化するなど、副作用が出やすいということがあります。
その場合は別の治療法で対応しなければいけません。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.