人間が好む物はダニも好むので、食料庫には多くいます。開封済みの食品から匂いが漏れダニを呼び寄せてしまいます。ダニ対策!湿度を50%以下にする。窓を開けて通気をよくする。開封済みの食品は冷蔵庫で保存する。二重容器で食料保存。




■ダニが引き起こす病

喘息(ぜんそく)、アレルギー疾患、感染症等

■アナフィラキシー

アナフィラキシーとは、アレルギー疾患に見られる急性のショック症状です。
通常のアレルギー反応は、原因となる物質アレルゲンが体内に入ることでクシャミや湿疹、粘膜の炎症といった症状があらわれます。
しかし一度に大量のアレルゲンが体内に入ると、急激に重度のアレルギー反応が起こります。
これがアナフィラキシーです。
アナフィラキシーの主な症状は、激しい咳や呼吸困難、じんましん、吐き気など。
さらに急激に血圧が低下して意識を失い、最悪の場合は命に危険が及ぶこともあります。

■ダニが繁殖しやすい場所

●布団やベット
一般的に布団やベットはダニの温床になりがちです。

●ペット
犬などのペットなどは毛の中に入り込みやすく、
外から家の中に持ち込む原因となります。

●押し入れ
熱や湿気がこもりがちな押し入れもダニの温床になりがちです。
押し入れにしまった寝具や衣類などに繁殖している場合があります。

●食料庫
食料庫になる開封された食品も餌となり繁殖してしまいます。

■食料庫の開封食品とダニ

食料庫に保存してあるカツオブシや干し椎茸などの旨味成分を含んだ食品はダニの大好物です。
その匂いに誘われて食料庫の隙間から侵入し、豊富な食品を餌にして大繁殖してしまいます。
衣類やスリッパについたダニが台所まで運ばれ、食品の匂いを感知して食料庫に入り込みます。
ダニは加熱することで死にますが、死骸もアレルゲンになります。
人間が好む物はダニも好むので、食料庫にはダニが多くいます。

■チリダニ

一般家庭にいる約9割はチリダニです。
チリダニは人間のフケや食品を餌にしています。
フタ付きの瓶に入れた食品でもきちんと閉め切れずに置いておくと、隙間から侵入します。
たとえこまめに食料庫を掃除していても、開封済みの食品から匂いが漏れ呼び寄せてしまいます。



■開封済み食品のダニ対策

袋の口を折り曲げて粘着テープを貼る。
あるいは袋に入れたまま冷蔵庫に入れておきます。

■湿度を50%以下にする(ダニ対策)

ダニが増えないようにする為には、湿度調節が一番効果的です。
ダニは湿度に敏感で、湿度50%以下ではほとんど生きていくことができません。
まずエアコンのドライ機能や除湿機で湿度を抑えることが大切です。

■窓を開けて通気をよくする(ダニ対策)

風通しをよくするのが一番安上がりにできるので、1ヵ所だけじゃなく2ヵ所開けておくと風が通るので湿度対策になります。
晴れた日は、風が抜けるように2ヵ所の窓を開け、さらに食料庫の扉も開けて通気をよくすると効果大です。

■冷蔵庫で保存する(ダニ対策)

開封した食品はできるだけ冷蔵庫に入れて保存しておくのが最も安全です。
冷蔵庫の中は乾燥しているので生きていけません。
10度以下での低い温度では繁殖できません。

■二重容器で食料保存(ダニ対策)

小さめめのプラスチック容器と大きめのプラスチック容器を用意します。
まず小さめのプラスチック容器に食料を入れてフタをします。
次に大きめのプラスチック容器に食料の入った小さめのプラスチック容器を入れ、いっしょに乾燥剤も入れてフタをしておきます。
ダニは乾燥に弱いので乾燥剤を入れてやると湿度が下がり繁殖しにくくなります。
外側の容器に侵入しても乾燥剤の効果で内側の容器に入る前に弱って死んでしまいます。

■ダニの捕獲駆除(ダニ対策)

材料:布切れ、ダンボール、両面テープ、煮干し
まずダンボールの両面に両面テープを貼り、その上にダニの大好物である煮干しを乗せます。
煮干しの上にも両面テープを貼り、これを布でくるめば完成です。
煮干しの匂いに誘われたダニが布の中に入り、粘着テープにくっついて捕獲します。