痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

膵臓癌(すいぞうがん)について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 膵臓癌(すいぞうがん)について!原因、症状、治療法
膵臓癌(すいぞうがん)は膵臓の上皮細胞にできる悪性腫瘍です。

スポンサーリンク


■膵臓癌(すいぞうがん)について

膵臓癌(すいぞうがん)とは、膵臓の上皮細胞にできる悪性腫瘍をいいます。

膵臓癌は周囲の臓器に広がりやすいという特徴があります。

■膵臓癌(すいぞうがん)の症状

膵臓癌の症状は初期では自覚症状がほとんどなく、知らないうちに進行していくため早期発見が難しいとされています。

膵管(すいかん)に癌ができると黄疸(おうだん)の症状が現れます。

その他には、腹痛、食欲不振、背部痛などがあります。

■膵臓癌(すいぞうがん)の原因

膵臓癌の危険因子としては、喫煙、アルコール、糖尿病、高脂肪食などが考えられています。

膵臓癌の多くは膵管(すいかん)に出来、中でも出口に近い膵頭部(すいとうぶ)の膵管にできる癌が多くなっています。

■膵臓癌(すいぞうがん)の治療法

膵臓癌の治療法としては、癌を切除する外科的治療が基本となります。

癌が膵臓内にあり、周囲に広がっていない場合は切除を行います。

膵臓癌は広がりやすいこともあるので広範囲に切除を行います。

癌が膵臓全体に広がっている場合は、膵臓の全摘出を行います。

手術が難しい場合は、化学療法や放射線療法を行います。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.