痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

胆嚢癌・胆管癌について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 胆嚢癌・胆管癌について!原因、症状、治療法
胆嚢癌(たんのうがん)は胆嚢にできる癌で、胆管癌(たんかんがん)は胆管にできる癌です。

スポンサーリンク


■胆嚢癌(たんのうがん)・胆管癌(たんかんがん)について

胆嚢癌(たんのうがん)は胆嚢にできる癌であり、胆管癌(たんかんがん)は胆管にできる癌をいいます。
胆嚢癌は胆石症の人や高齢の女性に多く発症し、胆管癌は高齢の男性に多く発症します。

■胆嚢癌・胆管癌の症状

胆嚢癌は初期の段階では無症状で、進行すると右上腹部の痛みや黄疸(おうだん)などが現れます。
胆管癌は、初期の段階から黄疸(おうだん)などの症状が現れます。

■胆嚢癌・胆管癌の原因

胆嚢は肝臓と接していることから、癌が肝臓に広がってしまうこともあります。
胆嚢は壁が薄いため、進行すると胆嚢の壁を突き破ってしまい肝臓など他の臓器に転移してしまうっことがあります。
胆管の下部に癌が出来ると、十二指腸(じゅうにしちょう)や膵臓(すいぞう)に癌が広がってしまうことがあります。
胆嚢癌を発症した人の多くが胆石を持っています。 胆石がある人は堪能癌を発症しやすいため、定期的に検査を受けて早期発見することが大切です。
胆嚢癌・胆管癌は、高齢者になるほど発症する人が多くなるので、定期的に検査を受けて早期発見することが大切です。

■胆嚢癌・胆管癌の治療法

胆嚢癌は転移する可能性が高いため、早期の段階でも摘出手術による治療を行います。
胆管癌の治療でも癌やその周囲を切除する手術を行います。
手術後は化学療法や放射線療法で転移を防ぐ治療を行います。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.