痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

NASH・非アルコール性脂肪肝について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • NASH・非アルコール性脂肪肝について!原因、症状、治療法
NASH(非アルコール性脂肪肝)はアルコールを飲まないのにアルコール性肝炎のような症状が起こる病気です。

スポンサーリンク


■NASH(非アルコール性脂肪肝)について

NASH(非アルコール性脂肪肝)とは、アルコールをほとんど飲まないのに、脂肪肝になりアルコール性肝炎のような症状が起こる病気です。

■NASH(非アルコール性脂肪肝)の症状

NASH(非アルコール性脂肪肝)の症状としては、肝臓の強い炎症、肝臓の繊維化、肝細胞が大きくふくらむなどがあります。
肝硬変や肝癌に進行することもあります。
NASH(非アルコール性脂肪肝)を放っておくと肝臓の繊維化が進行し、10年後には10%~20%の人が肝硬変に移行すると言われています。

■NASH(非アルコール性脂肪肝)の原因

NASH(非アルコール性脂肪肝)の原因はよくわかっていませんが、肝臓内で脂肪酸が燃焼するさいに生じる活性酸素、炎症を促進する物質のサイトカインによる刺激、内臓脂肪に関係するインスリン抵抗が感がえられています。
NASH(非アルコール性脂肪肝)の原因は、メタボリックシンドロームにも当てはまります。
患者の3分の2程がメタボリックシンドロームの基準を満たしています。
糖尿病を合併している人も多くいます。

■NASH(非アルコール性脂肪肝)の治療法

NASH(非アルコール性脂肪肝)の治療法としては、脂肪肝の原因を改善することになります。
生活習慣などの乱れが原因であることが多いので、生活習慣を改善を行います。
過食や偏食などの食生活の改善。 ウォーキングなどの有酸素運動を行う。
高血圧や糖尿病などの他の病気がある場合は、その治療も行います。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.