痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

湯西川温泉(ゆにしがわおんせん)情報!湯西川温泉の効能・泉質、周辺観光地

  • HOME »
  • 湯西川温泉(ゆにしがわおんせん)情報!湯西川温泉の効能・泉質、周辺観光地
湯西川温泉(ゆにしがわおんせん)情報!湯西川温泉(ゆにしがわおんせん)の効能・泉質、周辺観光地等をご紹介




■湯西川温泉(ゆにしがわおんせん)について
湯西川温泉(ゆにしがわおんせん)は、湯西川沿いに位置し、渓流沿いに藁葺き屋根の家が建ち並び、ひなびた雰囲気が漂う温泉地です。
壇ノ浦の戦に敗れた平家の残党が逃れ住んだという平家落人の伝説を秘めた、山あいの小盆地に湧く温泉です。
渓谷沿いの露天風呂が多く、湯西川温泉の旅館のほとんどは渓谷に面した露天風呂を設けています。
湯西川の谷間に宿泊施設が点在し、囲炉裏端で夕食を取れる宿、露天風呂が自慢の宿もあります。
混浴の共同浴場の薬師の湯があり、薬師の湯の対岸には無料露天風呂の薬研の湯と足湯があります。

■湯西川温泉の場所
栃木県日光市

■湯西川温泉の泉質
単純温泉、ナトリウム-塩化物泉など

■湯西川温泉の効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、打ち身、動脈硬化症、慢性消化器病、高血圧症、痔疾、慢性婦人病など

■湯西川温泉の温度
38℃~60℃

■湯西川温泉の湧出量
-の湧出量

■湯西川温泉の観光スポット
●龍王峡(湯西川温泉の観光)

2200万年もの昔、海底火山の活動によって噴出した火山岩が、鬼怒川の流れによって侵食され、現在のような景観になったといわれ、龍がのたうつ姿を思わせるような迫力のある大景観は、山間のいで湯、川治温泉と鬼怒川温泉の間、約3キロに渡り、むささび橋からの眺めはこの渓谷でのハイライトで、巨岩と清流とがおりなす自然の芸術品が眼前に広がります。

●平家の里(湯西川温泉の観光)
平家が源平の戦に敗れてからちょうど800年目、昭和60年に建てられたのが「平家の里」で、平家落人の生活様式を後世に残すため、村内の民家数棟を移築し再現され、古くから伝わる生活用具の展示や、木鉢、木杓子つくりの実演、名物の販売、平清盛、敦盛の像等が展示されています。

●平家落人民俗資料館(湯西川温泉の観光)
温泉街の入口に立つ資料館で、湯西川の家々に代々残されてきた平家ゆかりの鎧や刀剣、馬具、調度品、文庫などを展示、平家の紋所である揚羽蝶の入った蒔絵重箱や、平家の繁栄を描いた平家物語絵巻など、落人伝説を裏付ける貴重な展示品が見れます。

●平家狩人村(湯西川温泉の観光)
温泉郷の最奥、小高い丘の上に位置し、落人たちが実践していた、自給自足の生活ぶりを再現した施設で、約30の復元された家屋は、ろう人形によって、当時の狩りの様子を窺い知ることができるけもの館、鎧や兜、生活用品などを展示した集古館などに分かれています。

●道の駅 湯西川(湯西川温泉の観光)
国道121号線から湯西川温泉方面に300m入ったところにあり、野岩鉄道会津・鬼怒川線「湯西川温泉駅」に直結した道の駅で、マイカーだけでなく鉄道利用者にもご利用可、またエレベータ・バリアフリー完備の施設になっていて、地元の食材をいかしたお食事処・売店や、観光スポット情報などを紹介するインフォメーション、さらに人気の岩盤浴や無料足湯もあり、みなさまにご満足いただける道の駅となっています。

■湯西川温泉への交通
鉄道・バス:野岩鉄道湯西川温泉駅から日光交通バス湯西川温泉行きで30分
車:日光宇都宮道路今市インターから国道121号、県道249号経由50km



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.