痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

板室温泉(いたむろおんせん)情報!板室温泉の効能・泉質、周辺観光地

  • HOME »
  • 板室温泉(いたむろおんせん)情報!板室温泉の効能・泉質、周辺観光地
板室温泉(いたむろおんせん)情報!板室温泉(いたむろおんせん)の効能・泉質、周辺観光地等をご紹介




■板室温泉(いたむろおんせん)について
板室温泉(いたむろおんせん)は、那須高原の西山麓を流れる那珂川川沿いに位置する山あいの静かな温泉地です。
古くから下野の薬湯として湯治客に親しまれ、国民保養温泉地にも指定されています。
栃木県内随一の源泉本数を誇り、板室渓谷の見事な新緑や紅葉等の豊かな自然景観が保護され、どこか昔懐かしい素朴な情緒や雰囲気が漂う温泉地となっています。
那須三郎宗重が那須野ヶ原での鹿狩りの途中に温泉を発見したという開湯伝説があります。

■板室温泉の場所
栃木県那須塩原市

■板室温泉の泉質
アルカリ性単純温泉

■板室温泉の効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身など

■板室温泉の温度
37℃~45℃

■板室温泉の湧出量
毎分約3000リットルの湧出量

■板室温泉の観光スポット
●乙女の滝(板室温泉の観光)

沢名川にかかる落差10m、幅5mの小規模ながら美しい滝で、名前の由来には諸説あり、水の流れ自体が少女の姿に見えるからとも、人魚を見かけた伝説からとも言われているます。

●沼ッ原湿原(板室温泉の観光)
那須連山の西端に位置する湿原で高山植物の宝庫で、特に初夏のニッコウキスゲの群生は見事、湿原内は木道が周回しており湿原の中央を散策できます。

●板室健康のゆ グリーングリーン(板室温泉の観光)
板室温泉街を流れる那珂川沿いに立つ那須塩原市営の温泉施設で、大浴場にはジャクジーや寝湯、サウナを備え、大岩を積み上げた露天風呂の1つには太い綱が下げてあり、腰以上の深さの浴槽にぶら下がりながら入る、板室温泉の伝統的な入浴風習「つなの湯」も設けられています。

●深山ダム(板室温泉の観光)
かんがい用水・上水道・板室発電・揚水発電の4つの目的をもったダムで、発電所施設の見学も可、「森の発電おはなし館」では、ダムの仕組みや役割などをわかりやすく紹介し、観光スポットとしても、新緑や紅葉など季節によって様々な風景が楽しめます。

●那須ハイランドパーク(板室温泉の観光)
那須高原の自然に囲まれた遊園地。人気の屋内型コースター「SHINPI(シンピ)」を加えた10大コースターをはじめ、園内には約40機種ものアトラクションが揃っています。那須ハイランドパークは恋人の聖地サテライトに認定され、モニュメントや大観覧車のカップル向けゴンドラが大好評となっています。

■板室温泉への交通
鉄道・バス:JR黒磯駅から東野交通バス板室温泉行きで35分、終点下車
車:東北道黒磯板室インターから県道53号・30号・369号経由17km



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.