痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

北浦宝来温泉(きたうらほうらいおんせん)情報!北浦宝来温泉の効能・泉質、周辺観光地

  • HOME »
  • 北浦宝来温泉(きたうらほうらいおんせん)情報!北浦宝来温泉の効能・泉質、周辺観光地
北浦宝来温泉(きたうらほうらいおんせん)情報!北浦宝来温泉の効能・泉質、周辺観光地等をご紹介




■北浦宝来温泉(きたうらほうらいおんせん)について
北浦宝来温泉(きたうらほうらいおんせん)は、北浦湖、山田入り江の湖畔にある温泉地です。
日の出、日の入りには湖面は黄金の輝きを映し出す眺望と、小川の橋上を照らす茜色の夕焼けや満天の星空とそれを取り囲む田園地帯の四季折々の自然が楽しめます。
琥珀色に輝くにごり湯の心地良さをゆっくりと堪能され北浦悠々の小さな旅を楽しめます。
泉質はメタケイ酸含有泉、お肌をすべすべに滑らかにする美肌効果が特徴です。
メタケイ酸含有泉は皮下脂肪燃焼を促進し、血行を良くし、老廃物などの汚れを落とし、お肌をすべすべによみがえらせる美肌効果があると言われています。

■北浦宝来温泉の場所
茨城県行方市

■北浦宝来温泉の泉質
アルカリ・メタ硅酸泉

■北浦宝来温泉の効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性など

■北浦宝来温泉の温度
18.3℃

■北浦宝来温泉の湧出量
毎分151の湧出量

■北浦宝来温泉の観光スポット
●霞ヶ浦(北浦宝来温泉の観光)

霞ヶ浦は国内第2位の湖面積を持つ湖。その流域面積は茨城県全体の1/3以上を占めており、遊覧船などのクルージングが楽しめます。夏には観光帆引き船が運航され、冬には多くの渡り鳥が飛来、深度は平均4mと浅く、ワカサギ、コイ、ハゼの他、最近では外来魚のブルーギル、ブラックバスも生息しており、釣り場としても有名、この他150種の野鳥や水生植物の宝庫で豊かな自然に恵まれています。

●霞ヶ浦ふれあいランド(北浦宝来温泉の観光)
霞ヶ浦大橋のたもとに広がる水のテーマパークで、水の科学館では映像、ジオラマ、体験型の展示などの趣向を凝らしています、シンボルタワーからは、筑波山や霞ヶ浦が一望できます。

●麻生藩家老屋敷記念館(北浦宝来温泉の観光)
江戸時代の麻生藩家老・畑家の武家屋敷で県指定有形文化財、現在は、麻生藩家老屋敷記念館として一般に公開、地元の方たちが赤門と呼ぶ表門や豪壮な入母屋造の茅葺き屋根が特徴であり、上級武士の住宅らしく土間が小さく座敷きが広い造りになっています。

●カシマサッカースタジアム(北浦宝来温泉の観光)
2002年ワールドカップの会場にもなった、鹿島アントラーズのホームスタジアムで、併設のカシマサッカーミュージアムでは、鹿島アントラーズが獲得した優勝トロフィーやサインジャージを展示。名勝負を大画面で楽しめる映像シアターもあります。

●鹿島アントラーズクラブハウス(北浦宝来温泉の観光)
隣接するグラウンドの見学は自由で、アントラーズの選手の練習を間近に見ることができる。クラブハウスの1階にあるショップではグッズが販売されています。

●ワープステーション江戸(北浦宝来温泉の観光)
約5haの敷地に、江戸城大手門や武家屋敷などが再現された歴史公園で、テレビや映画の撮影も行っているので、ロケ現場に出合えることもあります。

■北浦宝来温泉への交通
鉄道・バス:鹿島臨海鉄道大洗鹿島線「北浦湖畔駅」からタクシー15分
車:常磐自動車道 土浦北インターから国道354号霞ヶ浦大橋経由50分



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.