痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

五浦温泉(いつうらおんせん)情報!五浦温泉の効能・泉質、周辺観光地

  • HOME »
  • 五浦温泉(いつうらおんせん)情報!五浦温泉の効能・泉質、周辺観光地
五浦温泉(いつうらおんせん)情報!五浦温泉(いつうらおんせん)の効能・泉質、周辺観光地等をご紹介




■五浦温泉(いつうらおんせん)について
五浦温泉(いつうらおんせん)は、景勝地・五浦海岸に位置する美しい太平洋の白波と老松、奇岩が織り成す絶景が自慢の海辺の温泉地です。
岡倉天心や横山大観も愛した松林と白波を一望する五浦海岸の海辺の景色は日本有数の景勝地として有名です。
五浦観光ホテルの別館の「大観の湯」で露天風呂や内湯から太平洋を眺めながら湯浴みを楽しめます。

■五浦温泉の場所
茨城県北茨城市

■五浦温泉の泉質
ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

■五浦温泉の効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、慢性消化器病、打ち身、痔疾など

■五浦温泉の温度
71℃~76.8℃

■五浦温泉の湧出量
毎分約330リットルの湧出量

■五浦温泉の観光スポット
●五浦海岸(五浦温泉の観光)

太平洋の荒波を受け、長年の間に侵食されて出来た大小5つの入り江があります。絶壁に入り江が深く切り込み、崖の上のクロマツと紺碧の海が雄大で美しいコントラストを見せます。岡倉天心は明治末に五浦海岸の中ほどに居を構え、切り立つ崖の突端にある朱塗りの六角堂があります。

●六角堂(五浦温泉の観光)
明治38年に岡倉天心が設計したもので「観瀾亭」と名付けられた赤い六角形の堂で、五浦海岸の茨城大学五浦美術館研究所内にあり、天心が思想にふけった場所といわれています。緑の松林を背後に、前には五つの浦がひらけ、太平洋の白波が砕け散るその雄大な姿が楽しめます。

●茨城県天心記念五浦美術館(五浦温泉の観光)
天心記念五浦美術館には、岡倉天心の業績を顕彰し、五浦の作家に連なる日本美術の優れた作品や数々の資料を展示され、近代日本美術の黎明期から現代までの流れが紹介されています。

●野口雨情記念館(五浦温泉の観光)
童謡作家の野口雨情は、明治15年、現在の北茨城市の磯原に生まれました。記念館には、歴史民俗資料館も併設されており、野口雨情のコーナーには雨情の作品や書、著作などが展示されています。

●五浦岬公園(五浦温泉の観光)
ここから太平洋越しに臨む朱色の六角堂と岩礁に砕け散る波、緑の松林が織りなす風景は、一枚の絵画のようで一見の価値があります。

■五浦温泉への交通
鉄道・バス:JR大津港駅から車で5分
車:常磐道北茨城インターから県道22号、国道6号経由10km



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.