痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

奥土湯温泉(おくつちゆおんせん)情報!奥土湯温泉の効能・泉質、周辺観光地

  • HOME »
  • 奥土湯温泉(おくつちゆおんせん)情報!奥土湯温泉の効能・泉質、周辺観光地
奥土湯温泉(おくつちゆおんせん)情報!奥土湯温泉(おくつちゆおんせん)の効能・泉質、周辺観光地等をご紹介




■奥土湯温泉(おくつちゆおんせん)について
奥土湯温泉(おくつちゆおんせん)は、荒川の支流・西鴉川沿いに位置する深山幽谷にある秘湯の雰囲気が漂う温泉地です。
一軒宿の川上温泉が土湯温泉街からさらに山奥へ分け入った場所にあり、深さ1mで4種類の源泉を混ぜて使っているという「万人風呂」や半分洞窟で半分露天の珍しい「半天嵒窟風呂」があります。

■奥土湯温泉の場所
福島県福島市土湯温泉町

■奥土湯温泉の泉質
単純泉、硫黄泉、単純炭酸鉄泉ほか

■奥土湯温泉の効能
神経痛、筋肉痛、冷え性、皮膚病ほか

■奥土湯温泉の温度
57℃~93℃

■奥土湯温泉の湧出量
-の湧出量

■奥土湯温泉の観光スポット
●猪苗代湖(奥土湯温泉の観光)

南北14キロメートル、東西10キロメートル、湖面面積は日本で4番目に広い湖で、会津若松市、郡山市、猪苗代町に囲まれています。湖面が鏡のように美しい事から「天鏡湖」の別名があります。

●磐梯山(奥土湯温泉の観光)
日本百名山の1つで、福島県を代表する秀峰、おだやかな表磐梯と慌々しい裏磐梯があり、猪苗代スキー場から3~6時間、会津富士とも呼ばれているます。

●安達太良山(奥土湯温泉の観光)
荒々しい山容をみせる安達太良火山の盟主で,頂上からは広大な展望が得られます。

●磐梯吾妻スカイライン(奥土湯温泉の観光)
福島の高湯温泉と土湯峠を結ぶ全長29km、平均標高1350m、紅色や黄金色に紅葉が楽しめ、荒涼とした岩肌が心に迫る一切経山や濃い緑の樹林に囲まれた噴火口跡の桶沼、寂しげな雰囲気漂う浄土平の緑の湿原等、迫力ある景色も広がっています。

●幕滝(奥土湯温泉の観光)
標高1300mに位置し、滝の高さは約30mで切り立った岩壁を一気に落ちる水の流れは壮観で、周辺の樹々や岩肌と相まって大自然の芸術作品を創りあげています。

■奥土湯温泉への交通
鉄道・バス:JR福島駅から福島交通バス土湯温泉行きで40分、土湯温泉下車、徒歩20分
車:東北道福島西ICから国道115号経由13km



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.