痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

東山温泉(ひがしやまおんせん)情報!東山温泉の効能・泉質、周辺観光地

  • HOME »
  • 東山温泉(ひがしやまおんせん)情報!東山温泉の効能・泉質、周辺観光地
東山温泉(ひがしやまおんせん)情報!東山温泉(ひがしやまおんせん)の効能・泉質、周辺観光地等をご紹介




■東山温泉(ひがしやまおんせん)について
東山温泉(ひがしやまおんせん)は、会津若松市の郊外に位置し、湯川渓谷沿いに広がる山間の閑静な温泉地です。
会津の奥座敷とも呼ばれ老舗旅館が軒を連ねています。
江戸時代には天寧寺の湯と呼ばれ会津藩の湯治場として栄え、山形の上山温泉、湯野浜温泉と並ぶ奥羽三楽郷に数えられていました。
竹久夢二や与謝野晶子などの墨客にもこよなく愛され、新選組の副長土方歳三もここで湯治をした湯の街でもあります。

■東山温泉の場所
福島県会津若松市

■東山温泉の泉質
硫酸塩泉

■東山温泉の効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、切り傷、やけど、慢性消化器病、動脈硬化症、慢性皮ふ病、痔疾、慢性婦人病など

■東山温泉の温度
42℃~58℃

■東山温泉の湧出量
毎分1500リットルの湧出量

■東山温泉の観光スポット
●鶴ヶ城(東山温泉の観光)

平成23年3月鶴ヶ城は全国でも稀な赤瓦の天守閣へと生まれ変わりました。最上階は展望台になっていて会津若松市内を一望でき、内部を郷土博物館として公開しています。

●塔のへつり(東山温泉の観光)
何万年もの間にまるで塔のように削られた奇岩の連なり、深々とえぐられた岩のアーチを巡って紅葉狩りが楽しめます。

●大内宿(東山温泉の観光)
重要伝統的建造物群保存地区に選定され、会津若松と日光・今市を結ぶ南山通りの宿駅のひとつとして栄えた宿場町で、寄棟造りの建物が道路と直角に整然と並べられています。

●滝沢御本陣(東山温泉の観光)
飯盛山の近く、滝沢峠の登り口にある史跡・重要文化財で、藩主が参勤交代などの往来で利用した建物です。

●会津武家屋敷(東山温泉の観光)
復元された家老屋敷を中心に中畑陣屋など江戸時代の建物を移築してあり,会津歴史資料館もあります。

●レオ氏郷南蛮館(東山温泉の観光)
豊臣秀吉の統治時代に会津藩主として数々の功績を挙げた、蒲生氏郷を紹介する資料館で、鶴ヶ城の天守閣に築かれていた、金箔を施した氏郷の自室などが復元されています。

●飯盛山(東山温泉の観光)
会津若松市の市街をのぞむ山で、白虎隊自刃の地でその墓が並び外国から贈られた顕彰記念碑などがあります。

■東山温泉への交通
鉄道・バス:JR会津若松駅から会津乗合自動車東山温泉経由の市内循環バスで15~37分、東山温泉駅下車
車:磐越道会津若松インターから国道49号、県道64号・325号経由8km



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.