痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

肘折温泉(ひじおりおんせん)情報!肘折温泉の効能・泉質、周辺観光地

  • HOME »
  • 肘折温泉(ひじおりおんせん)情報!肘折温泉の効能・泉質、周辺観光地
肘折温泉(ひじおりおんせん)情報!肘折温泉(ひじおりおんせん)の効能・泉質、周辺観光地等をご紹介




■肘折温泉(ひじおりおんせん)について
肘折温泉(ひじおりおんせん)は、最上地方にある大蔵村南部の山間に位置し銅山川の上流に広がる温泉地です。
月山の麓、銅山川沿いに数多くの旅館がありひなびた雰囲気が漂っていて、朝5時には湯治客向けの朝市が行われています。
老人の折れた肘を治したということから名がついたとされています。

■肘折温泉の場所
山形県最上郡大蔵村

■肘折温泉の泉質
塩化物泉

■肘折温泉の効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、切り傷、やけど、慢性消化器病、高血圧症、慢性皮ふ病、糖尿病、慢性婦人病、痔疾など

■肘折温泉の温度
30℃~88℃

■肘折温泉の湧出量
毎分1700リットルの湧出量

■肘折温泉の観光スポット
●肘折いでゆ館(肘折温泉の観光地)

1200年の歴史のある肘折温泉郷の豊富な温泉を利用し保養や健康増進などを図る施設です。
温泉療養相談をメインに、現代的な湯治のスタイルの指導などが受けられます。

●永松鉱山跡(肘折温泉の観光地)
日本三大銅山と言われた鉱山で、江戸時代前から採掘がはじまり以後300年にわたって銅を産出し続け、昭和36年に休山となっています。

●斎藤茂吉歌碑(肘折温泉の観光地)
斎藤茂吉が肘折を訪れ、温泉の素晴らしさ仙境の美しさに心をうたれ詠んだ歌を刻んだ碑です「肘折のいでゆ浴みむと秋彼岸のはざま路とほくのぼる楽しさ」

●源泉公園(肘折温泉の観光地)
ダムを見ながら足湯が楽しめる「初恋足湯」や源泉が自噴するところを見ることができる源泉ドームがあり、背中を密着させて腰湯を楽しむこともできます。

●郷土料理伝承施設 ふるさと味来館(肘折温泉の観光地)
村の郷土料理を後世に伝承するとともに、新たに食材の加工調整や特産品の開発研究を行い、地場産業の振興を図る目的をもつ施設です。1階食堂では大蔵村産のそばを味わえます。

●肘折温泉朝市(肘折温泉の観光地)
温泉通りに五時頃から朝市がたち、地物野菜や郷土の名産品、とれたての川魚、野花、植木や薬草類なども販売されています。

■肘折温泉への交通
鉄道・バス:JR新庄駅から山交バス肘折温泉行きで1時間、肘折温泉下車
車:東北中央道東根インターから国道287号・13号・458号経由68km



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.