痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

蔵王温泉(ざおうおんせん)情報!蔵王温泉の効能・泉質、周辺観光地

  • HOME »
  • 蔵王温泉(ざおうおんせん)情報!蔵王温泉の効能・泉質、周辺観光地
蔵王温泉(ざおうおんせん)情報!蔵王温泉(ざおうおんせん)の効能・泉質、周辺観光地等をご紹介




■蔵王温泉(ざおうおんせん)について
蔵王温泉(ざおうおんせん)は、蔵王連峰地蔵岳の西麓標高880mに広がる温泉地です。
白布温泉、高湯温泉と共に奥羽三高湯の一つに数えられています。
国内有数の山形蔵王温泉スキー場を併設し、冬はスキー基地としてにぎわっています。
蔵王温泉街の最奥には一度に200人は入れるという蔵王温泉大露天風呂があり、4段に設けられた岩造りの野趣溢れる湯船に乳白色のお湯が湧き出て上流の2段が女性用、下流の2段が男性用になっています。

■蔵王温泉の場所
山形県山形市

■蔵王温泉の泉質
硫黄泉など

■蔵王温泉の効能
神経痛、筋肉痛、疲労回復、五十肩、冷え性、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、糖尿病、打ち身、慢性消化器病、高血圧症、動脈硬化症、痔疾、慢性婦人病、美肌など

■蔵王温泉の温度
45℃~66℃

■蔵王温泉の湧出量
毎分約8700リットルの湧出量

■蔵王温泉の観光スポット
●蔵王山(蔵王温泉の観光地)

北の雁戸山から南の不忘山に至る山々を総称して蔵王連峰と呼び、最高峰である熊野岳を中心とした山域を蔵王山と呼ぶことが多いです。

●面白山(蔵王温泉の観光地)
山形県山形市と宮城県仙台市太白区との県境にある奥羽山脈中の火山。
標高1,264.4m。仙台側から見ると面が白く見えることから面白山と名付けられています。

●蔵王エコーライン(蔵王温泉の観光地)
樹木の豊かな山形蔵王から高原ムード満点の宮城蔵王まで、山岳ならではの素晴らしい自然景観が満喫できます。
心地よい高原の風を受けて走る爽快感は格別で夏は高山植物、秋は紅葉が楽しめます。

●蔵王温泉スキー場(蔵王温泉の観光地)
温泉街の上に広がる広大なゲレンデが蔵王温泉スキー場で、ゲレンデで見られる樹氷は幻想的な風景で知られ、14のエリアに分かれたゲレンデは東日本最大級です。

●蔵王ロープウェイ(蔵王温泉の観光地)
冬季はスキー客、樹氷観光客、夏季は観光・登山客を対象として運行され、ロープウェイの夜間運行も行われており、樹氷がライトアップされて奇麗です。

■蔵王温泉への交通
鉄道・バス:JR山形駅から山交バス蔵王温泉行きで45分、終点下車
車:山形道山形蔵王ICから西蔵王高原ライン、県道21号経由18km



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.