痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

赤倉温泉(あかくらおんせん)情報!赤倉温泉の効能・泉質、周辺観光地

  • HOME »
  • 赤倉温泉(あかくらおんせん)情報!赤倉温泉の効能・泉質、周辺観光地
赤倉温泉(あかくらおんせん)情報!赤倉温泉(あかくらおんせん)の効能・泉質、周辺観光地等をご紹介




■赤倉温泉(あかくらおんせん)について
赤倉温泉(あかくらおんせん)は、小国川沿いに位置する昔ながらの風情を残す温泉地です。
江戸時代には松尾芭蕉が奥の細道で途中立ち寄ったと言われています。
1000年余りの歴史を誇る名湯で、河原の石を杖で掘ったところ温泉が噴き出したといわれています。
近くには赤倉温泉スキー場があり、冬はベースとしても利用されています。

■赤倉温泉の場所
山形県最上郡最上町大字富澤1341

■赤倉温泉の泉質
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉、単純温泉など

■赤倉温泉の効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、動脈硬化症、皮ふ病、切り傷、打ち身、慢性消化器病、痔疾など

■赤倉温泉の温度
44℃~72℃

■赤倉温泉の湧出量
毎分1650リットルの湧出量

■赤倉温泉の観光スポット
●封人の家(赤倉温泉の観光地)

芭蕉の奥の細道行脚の折、山形県にて最初に投宿した家として有名で、県東北部に見られる広間型民家の代表的なものともいわれます。

●山刀伐峠(赤倉温泉の観光地)
最上町と尾花沢市の境界にあり、芭蕉はこの峠を越えて尾花沢へ抜けたと言われています。山頂には芭蕉の顕彰碑があります。

●新庄城跡(赤倉温泉の観光地)
歴代戸沢氏の居城で、現在は当時の堀や石垣を残して最上公園となっています。

●新庄ふるさと歴史センター(赤倉温泉の観光地)
城下町新庄の歴史や文化を総合的に紹介している施設で、新庄山車会館、新庄市歴史民俗資料館、雪国民俗館があります。

●芭蕉顕彰碑(赤倉温泉の観光地)
おくのほそ道の難所山刀伐峠の頂点にある芭蕉顕彰碑で、現在は歴史の道として整備されています。

●最上川舟下り(赤倉温泉の観光地)
雄大な自然の中を船頭の舟唄を聞きながらゆっくりと下る舟下りは、四季を通じていつでも楽しめます。

●やまがた赤倉温泉スキー場(赤倉温泉の観光地)
2004年山形もがみ国体のジャイアントスラローム競技会場となり、関係者より絶大な評価を得たスキー場です。

●万騎の原古戦場(赤倉温泉の観光地)
小国領主細川氏が最上義光の大軍を迎えうった古戦場です。

■赤倉温泉への交通
鉄道・バス:JR赤倉温泉駅から最上町営バス一刎行きで15分、赤倉温泉口下車
車:東北道古川インターから国道47号、県道28号経由48km



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.