痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

東鳴子温泉(ひがしなるこおんせん)情報!東鳴子温泉の効能・泉質、周辺観光地

  • HOME »
  • 東鳴子温泉(ひがしなるこおんせん)情報!東鳴子温泉の効能・泉質、周辺観光地
東鳴子温泉(ひがしなるこおんせん)情報!東鳴子温泉の効能・泉質、周辺観光地などをご紹介




■東鳴子温泉(ひがしなるこおんせん)について
東鳴子温泉(ひがしなるこおんせん)は、鳴子温泉の東側に広がる温泉地です。
東鳴子駅周辺の田中・新田中・赤湯・新赤湯の各源泉の総称して「東鳴子温泉」と呼ばれています。
東鳴子温泉は、江戸時代には仙台藩藩主専用の風呂である御殿湯も置かれていました。

■東鳴子温泉の場所
宮城県大崎市

■東鳴子温泉の泉質
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉など

■東鳴子温泉の効能
糖尿病、動脈硬化症、神経痛、筋肉痛、疲労回復、冷え性、美肌、胃腸病、肝臓病、慢性婦人病など

■東鳴子温泉の温度
83℃

■東鳴子温泉の湧出量
毎分約1035リットルの湧出量

■東鳴子温泉の観光スポット
●鳴子ダム

高さ95m、幅215mの日本で最初に造られたアーチ式のダムで、ダムがすっぽりと山々に覆われているので、新緑、紅葉が湖面に映る景色がとても綺麗です。

●鳴子峡
鳴子温泉郷の「中山平温泉」地区に位置する約2.6kmの峡谷で、さまざまな岩石が屏風のように連なっています。

●鬼首地熱発電所
発電所に隣接した「鬼首展示館“地熱の小さな博物館”」では、地熱発電のしくみと発電所を作った電源開発について紹介しています。

●鳴子熱帯植物園
鳴子の豊富な地熱を利用した熱帯植物園で、サボテン、熱帯果実、バナナ、パパイヤ、スイレンなどがあります。

●日本こけし館
深沢・溝口植木コレクション、全国こけし祭り奉納こけし、故名工人の作品、全国の伝統こけし5000本を展示してあります。

■東鳴子温泉への交通
鉄道・バス:JR鳴子御殿湯駅下車
車:東北道古川インターから国道47号経由28km



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.